PLANKTON R

コラムColumn

自社で培ったノウハウなどをもとに、約20年通販業界に精通しているプロの視点で、
様々なカテゴリーにおける概略・ノウハウ・事例等をご紹介いたします。

  • HOME
  • リピート通販の収益試算

【オンライン講座】
リピート通販の収益試算

リピート通販の収益試算のお話です。

前回このような形でリピート通販の収益構造を試算できるというお話をしました。
大きく分けて3つの効率があり、1つ目が新規獲得の効率、2つ目がリピート引き上げの効率、3つ目がリピート継続の効率です。それぞれのポイント全てを掛け合わせ、全ての売り上げと全ての経費が合算したときにブレークイーブンポイントを迎えます。

そのタイミングを早くすることが収益構造の要点になります。
その試算の仕方ですが、まず広告で掴んだお客さんがどのような立場にいるのかをきちんと位置づけし、それぞれのKPIがどんなものであるかということをしっかり考えそこで出たKPIをシュミレーションシートに入れていくと全てが掛け合わせて自動的に出てくるようになります。

上の方にトライアル、そこから定期のF1,F2,F3,そしてF4以上またこの他にもクロスセルなどがあります。縦軸はとある一定期間になります。そうすると縦軸にある全ての売り上げと費用を足し合わせると単月の収支が出てきます。そしてある一定期間の収支が横軸に列時に並んでいるのでそれを横軸で足し合わせると累積の収支が出ます。そしてブレークイーブンポイントまでが投資回収期間になります。

また単品リピートではなく複数のSKUを使ったリピートの場合はF3以上で回転率を使った方がより効果的な場合もあります。このあたりは別途お問い合わせください。